審美歯科|ホワイトデンタルオフィス半蔵門

ホワイトデンタルオフィス半蔵門

ホワイトデンタルオフィス半蔵門

MENU

審美歯科

Cosmetic Dentistry

Cosmetic Dentistry審美歯科とは

審美歯科

審美性に重点を置いた総合的な歯科治療であり、歯の機能性だけではなく、同時に美しさもプラスされる治療として知られています。 虫歯や歯周病の治療は機能性を回復させることが目的のため、通常は保険を適用した治療を受けることができます。
審美治療は審美性の高い治療となるため、健康保険を適用して治療を受けることはできませんが、最近は審美治療を希望する人が増えています。
歯並びや歯の色はひとりひとり異なりますし、生活習慣で変化していくこともあるため、歯にコンプレックスを抱えている人も少なくありません。人前で笑えなくなったり、口を開くことに抵抗があったり、人により悩みは異なりますが、審美治療ではそういったコンプレックスを解消することも可能でしょう。
歯科における審美治療には以下のようなものが当てはまります。

インレー

特徴
セラミックインレー(e-max)

セラミックインレー(e-max)

強化ガラスタイプのセラミックを使用した詰め物です。セラミックは生体親和性に優れているので身体に優しく、透明性が高く、見た目も非常に綺麗に仕上がります。
セラミックは表面を滑沢に仕上げることができ、劣化もほとんどしないため、金属と比べて汚れが付きにくく、2次むし歯や歯周病のリスクを抑えることができます。
清潔性 ★★★
審美性 ★★★
耐久性 ★★★
ハイブリッドインレー セラミックの粒子とレジン(プラスチック)を混ぜて作った素材で作られた詰め物です。見た目はセラミックと同じくらい白く綺麗に治療できます。欠点として混ざっているレジン(プラスチック)の強度の低さと劣化があります。時間経過により多少の変色があり、奥歯など力のかかる部位では欠けることがあります。
清潔性 ★★☆
審美性 ★★★
耐久性 ★★☆
ゴールドインレー 一般的に金歯と呼ばれる詰め物です。金は錆びず、噛み合わせにも馴染みやすいため、セラミック技術が確立するまでは、最良の治療法とされていました。現在では見た目の悪さもあり、あまり選択されない傾向にあります。
清潔性 ★★☆
審美性 ★☆☆
耐久性 ★★★
パラジウム(合金)インレー 保険治療適応となる、一般的に銀歯と呼ばれる詰め物です。
経年劣化するため、表面がざらつきプラークなどの汚れが付着しやすく、2次虫歯や歯周病のリスクは高まります。
清潔性 ★☆☆
審美性 ★☆☆
耐久性 ★★☆

セラミッククラウン

虫歯などの治療では歯を削ることもありますが、歯を削った後には人工歯を被せる治療が一般的です。その人工の歯はクラウンと呼ばれており、最近は様々な種類の中から選ぶことができます。保険の適用や部位によって利用できる冠は決められています。

クラウンの種類(保険適用外)

オールセラミックオールセラミック オールセラミック
特徴

セラミックのみが使われたクラウンであり、金属が使用されていません。
これまでは裏に金属が裏打ちされたセラミック治療(メタルセラミック)が主流となっていましたが、現在は技術の発達により、セラミックのみでも行うことができます。
さらに、セラミックの中でもガラス系セラミック、人工ダイヤモンドと種類があり症例に応じて選択することが可能となっています。

メリット
  • ・天然歯と同じような違和感のない白さ
  • ・抜群の適合精度
  • ・劣化や変色が起こりにくい
  • ・金属アレルギーの人でも使用できる
  • ・表面に汚れがつきにくい
デメリット
  • ・健康保険適用外のため費用が高い
  • ・治療の精度を上げるため治療回数が若干増える
メタルセラミック メタルセラミック
特徴

従来型のセラミッククラウンです。以前はセラミックの材質(強度)に問題があることも多かったため、中身は金属ですが外側はセラミックを貼り付けたクラウンとなります。

メリット
  • ・天然歯にオールセラミックほど近くはないが、自然な白さがある
デメリット
  • ・裏に金属を使用するため透明感がやや劣る
  • ・奥歯などでは貼り付けたセラミックが欠けてくることがある
  • ・金属アレルギーを引き起こすことがある
ラミネートべニア ラミネートべニア
特徴

歯の表面を少し削りセラミックの薄い板を貼り付けます。

メリット
  • ・天然歯に近い白さがあり透明感がある
  • ・クラウンを被せるよりも削る部分が少ない
デメリット
  • ・噛み合わせの不正、虫歯、歯ぎしり、かみしめが強いと適用できない場合がある
ゴールドクラウン ゴールドクラウン
特徴

金合金や白金加金などの金属製で作られたクラウン。展延性という金属が延びる性質を持っています。
昔からの治療法とはなりますが、歯の状態によっては現在も有効な治療法となります。

メリット
  • ・金属の中でも劣化しにくく、非常に安定している特徴がある
  • ・かみ合わせに馴染みやすい
  • ・伸びる性質のため歯の根へかかる負担が少ない
デメリット
  • ・金属部分が目立ってしまう

クラウンの種類(保険適用)

硬質レジンジャケット冠 硬質レジンジャケット冠
特徴

歯科用プラスチックのレジンで作られたクラウンです。

メリット
  • ・透明感や自然感は乏しいが表は白くできる
  • ・保険適用のため治療費を抑えることができる
デメリット
  • ・セラミックのような透明感がない
  • ・使用する期間が長いと変色しやすい
  • ・割れやすく減りやすい
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
特徴

見える部分はレジンですが、中身は金属で作られたクラウンです。

メリット
  • ・透明感はないが表面の白さはある
  • ・前歯~犬歯は保険適用されるため治療費が軽減される
デメリット
  • ・裏から金属が見える
  • ・使用する期間が長いと変色しやすい
  • ・金属アレルギーを引き起こすことがある
合金(金銀パラジウム) 合金(金銀パラジウム)
特徴

歯の治療の中でもポピュラーな銀歯で、全体が金、銀、パラジウムの合金でできたクラウンです。

メリット
  • ・どの歯にも使用できる
  • ・保険適用で治療費が軽減される
デメリット
  • ・金属部分が目立ってしまう
  • ・劣化しやすい(錆びる)
  • ・金属アレルギーを引き起こすことがある

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、接着の技術を応用し、白い歯科用の強化プラスチックを使った治療です。
ダイレクトボンディングの一番のメリットは、歯と同じ色の審美修復ということです。歯に直接何層も色を重ねながら修復していくことで自然な形や白さで仕上げることができます。小さな虫歯を治したり、欠けた歯を修復したりすることができます。矯正治療では数か月かかるような、すきっ歯の治療などにも応用することができます。注意点は術前に診査・診断を行い、ダイレクトボンディングで治せると、予め確認しておく必要があるということですが、治療自体は、わずか1回の通院で完了します。また樹脂の詰め物なので、経年劣化による着色や破折などの恐れがあります。
ダイレクトボンディング治療は、使用する材料が保険診療と異なりますので保険適応外治療となります。
詳しくは担当医までご相談ください。

審美歯科治療の流れ

1.カウンセリング

まずは患者さまが気になされている点や心配な点などをヒアリングします。そして、どこに、どのような問題があるのか、何が原因なのか詳しく診査・診断を行います。治療の前に歯ブラシのアドバイスを行い、どこが磨けていないのか理解していただいた上で、正しいブラッシング方法を習得していただくこともあります。

2.治療計画のご説明

患者さまにとって最良と思われる治療計画をご提案します。複数の治療方法がある場合、それぞれの治療のメリットとデメリットをご説明します。そのなかで(治療しないという選択肢も含めて)患者さまのご希望を伺い、治療内容の修正をさせていただきます。治療内容や期間、費用など、患者さまが十分ご納得いただいたうえで治療を開始いたします。

3.仮歯装着

セラミッククラウンによる審美歯科治療では、仮歯(プロビジョナルレストレーション)を装着し、最終的な形態を見据えて仮歯を調整し経過観察を行います。この操作は技術的にとても重要となるため、当院ではマイクロスコープや拡大鏡を使用することで、より正確に丁寧に歯の形を整えます。

4.型取り

仮歯で経過観察を行い、歯肉の炎症、噛み合わせの異常、仮歯形態の不備などがないことを確認できたら、型取りに進みます。一般的に型取り材で多く使用されているものはアルジネート系印象材というものですが、安価な反面、型取りの精度が劣ります。そのため当院の型取りでは寸法精度の高いシリコン系印象材を用います。歯肉圧排を行うことでクラウンのマージン(境目)が明瞭になり、精密な型取りができます。

5.セラミック装着

セラミック装着セラミック装着

天然の歯に調和した、色調・形態を再現したオールセラミッククラウンを装着します。完成度の高いオールセラミッククラウンの作製には歯科技工士の高い技術が不可欠です。当院ではセラミック専門の熟練の歯科技工士と緊密に連携して治療にあたります。場合により歯科技工士も治療に立ち合うことで、より審美的に優れた治療が可能となっています。