審美歯科|ホワイトデンタルオフィス半蔵門

ホワイトデンタルオフィス半蔵門

ホワイトデンタルオフィス半蔵門

MENU

審美歯科

Cosmetic Dentistry

Cosmetic Dentistry審美歯科とは

審美歯科

審美性に重点を置いた総合的な歯科治療であり、歯の機能性だけではなく、同時に美しさもプラスされる治療として知られています。 虫歯や歯周病の治療は機能性を回復させることが目的のため、通常は保険を適用した治療を受けることができます。
審美治療は審美性の高い治療となるため、健康保険を適用して治療を受けることはできませんが、最近は審美治療を希望する人が増えています。
歯並びや歯の色はひとりひとり異なりますし、生活習慣で変化していくこともあるため、歯にコンプレックスを抱えている人も少なくありません。人前で笑えなくなったり、口を開くことに抵抗があったり、人により悩みは異なりますが、審美治療ではそういったコンプレックスを解消することも可能でしょう。
歯科における審美治療には以下のようなものが当てはまります。

セラミッククラウン

虫歯などの治療では歯を削ることもありますが、歯を削った後には人工歯を被せる治療が一般的です。その人工の歯はクラウンと呼ばれており、最近は様々な種類の中から選ぶことができます。保険の適用や部位によって利用できる冠は決められています。

クラウンの種類(保険適用外)

オールセラミック オールセラミック
特徴

セラミックのみが使われたクラウンであり、金属が使用されていません。
これまでは裏に金属が裏打ちされたセラミック治療(メタルセラミック)が主流となっていましたが、現在は技術の発達により、セラミックのみでも行うことができます。
さらに、セラミックの中でもガラス系セラミック、人工ダイヤモンドと種類があり症例に応じて選択することが可能となっています。

メリット
  • ・天然歯と同じような違和感のない白さ
  • ・抜群の適合精度
  • ・劣化や変色が起こりにくい
  • ・金属アレルギーの人でも使用できる
  • ・表面に汚れがつきにくい
デメリット
  • ・健康保険適用外のため費用が高い
  • ・治療の精度を上げるため治療回数が若干増える
メタルセラミック メタルセラミック
特徴

従来型のセラミッククラウンです。以前はセラミックの材質(強度)に問題があることも多かったため、中身は金属ですが外側はセラミックを貼り付けたクラウンとなります。

メリット
  • ・天然歯にオールセラミックほど近くはないが、自然な白さがある
デメリット
  • ・裏に金属を使用するため透明感がやや劣る
  • ・奥歯などでは貼り付けたセラミックが欠けてくることがある
  • ・金属アレルギーを引き起こすことがある
ラミネートべニア ラミネートべニア
特徴

歯の表面を少し削りセラミックの薄い板を貼り付けます。

メリット
  • ・天然歯に近い白さがあり透明感がある
  • ・クラウンを被せるよりも削る部分が少ない
デメリット
  • ・噛み合わせの不正、虫歯、歯ぎしり、かみしめが強いと適用できない場合がある
ゴールドクラウン ゴールドクラウン
特徴

金合金や白金加金などの金属製で作られたクラウン。展延性という金属が延びる性質を持っています。
昔からの治療法とはなりますが、歯の状態によっては現在も有効な治療法となります。

メリット
  • ・金属の中でも劣化しにくく、非常に安定している特徴がある
  • ・かみ合わせに馴染みやすい
  • ・伸びる性質のため歯の根へかかる負担が少ない
デメリット
  • ・金属部分が目立ってしまう

クラウンの種類(保険適用)

硬質レジンジャケット冠 硬質レジンジャケット冠
特徴

歯科用プラスチックのレジンで作られたクラウンです。

メリット
  • ・透明感や自然感は乏しいが表は白くできる
  • ・保険適用のため治療費を抑えることができる
デメリット
  • ・セラミックのような透明感がない
  • ・使用する期間が長いと変色しやすい
  • ・割れやすく減りやすい
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
特徴

見える部分はレジンですが、中身は金属で作られたクラウンです。

メリット
  • ・透明感はないが表面の白さはある
  • ・前歯~犬歯は保険適用されるため治療費が軽減される
デメリット
  • ・裏から金属が見える
  • ・使用する期間が長いと変色しやすい
  • ・金属アレルギーを引き起こすことがある
合金(金銀パラジウム) 合金(金銀パラジウム)
特徴

歯の治療の中でもポピュラーな銀歯で、全体が金、銀、パラジウムの合金でできたクラウンです。

メリット
  • ・どの歯にも使用できる
  • ・保険適用で治療費が軽減される
デメリット
  • ・金属部分が目立ってしまう
  • ・劣化しやすい(錆びる)
  • ・金属アレルギーを引き起こすことがある

Whiteningホワイトニング

日常生活を過ごす中で歯の色は黄ばみを帯びていきます。加齢や遺伝的な原因による黄ばみもありますが、コーヒーやお茶などの飲み物による着色や、虫歯による着色などもあります。歯に蓄積してしまった着色はブラッシングでは取り除くことができませんが、ホワイトニングで歯本来の白さを取り戻すことが可能です。ホワイトニングでは特殊な薬剤を使用し、蓄積した着色を漂白することができます。

ホワイトニングを行う際は、まずお口の健康状態を調べる必要があります。状態によっては他の治療が優先されることもありますが、お口の健康を保つことでより安全で確実な効果が得られると言えます。

ホワイトニングは通常「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の2つの種類に分けられますが、ホワイトデンタルオフィス半蔵門では、2種類を併用する「デュアルホワイトニング」を推奨しております。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングはクリニックで行うことができます。歯の本来の白さを取り戻すためには、歯の色素を分解させる必要があります。そこで、歯の表面に高濃度のホワイトニング剤を塗布し、特殊な光を照射することで、歯の着色汚れを落とすことができます。また、安全性だけではなく、即効性にも優れています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは自宅で行える方法です。自分の歯の形のマウスピースを作り、そこに薬剤を塗布し、徐々に歯を白くしていくことができます。オフィスホワイトニングに比べて効果を得るまで時間がかかることもありますが、持続性が高く、自分のペースで行うことができます。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を取り入れたものです。即効性と持続性の両方のメリットがあるため、理想の歯の白さを保つことができるでしょう。

よくある質問


痛みはありますか?
ホワイトデンタルオフィス半蔵門では、ほとんど痛みがないホワイトニングシステムを採用しています。ホワイトニングの治療後に、知覚過敏に似た症状が発生するケースも稀にありますが、一過性のため数日も経てば症状が改善されます。もし歯がしみる場合は痛みを抑える歯磨き粉をお薦めしています。
歯に対するダメージはありますか?
ホワイトデンタルオフィス半蔵門では、歯にダメージを与えないホワイトニングの施術方法を採用しています。歯の白さを取り戻すことだけではなく、歯をコーティングする作用もあるため、汚れが付着しにくく、虫歯にもなりにくいといった効果に期待ができます。
詰め物や白い被せ物も白くなりますか?
ホワイトニング治療は歯本来の白さを回復させる治療となるため、詰め物や被せ物を白くすることはできません。最近は、いろいろな種類の詰め物や被せ物があるので、歯の白さに合わせたものに変えることもできます。
白さはどのくらい持続できますか?
A.ホワイトニングで白くした歯を持続させるためには、定期的なメンテンナスを受ける必要があります。日常生活を送る上で歯はどうしても黄ばみやすくなってしまうので、効果を持続させるには定期的にホワイトニングを行う必要があります。 オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたデュアルホワイトニングなら、効果の持続だけではなく、後戻りを防ぐこともできるでしょう。