インプラント|ホワイトデンタルオフィス半蔵門

ホワイトデンタルオフィス半蔵門

ホワイトデンタルオフィス半蔵門

MENU

インプラント

Implant

Implantインプラント

インプラント

インプラント治療を安全に受けていただくために、ホワイトデンタルオフィス半蔵門では世界的に最も長い実績と高い信頼性のあるインプラントメーカーである、スウェーデンのノーベルバイオケア社のインプラント体を使用しております。
また安全確実に手術が行えるようコンピューターシュミレーションによるガイデッドサージャリーをほぼ全例に採用しております。

インプラントとは

歯を失う原因は様々です。虫歯や歯周病の進行で歯が失われてしまうこともあれば、転倒や事故など、突然のアクシデントで歯を失ってしまうこともあります。また、先天的なことが原因となることもあるでしょう。一度失ってしまった歯を取り戻すことはできませんが、そのような場合にインプラントは有効な治療法となります。
インプラントはチタン製の人工歯根を、歯を失った部分の顎の骨(歯槽骨)に埋め込み、その上から人工歯を装着する治療となります。顎の骨にしっかりと埋め込まれることで固定されますし、まるでこれまでの自分の歯と同じような感覚で生活することができます。
インプラントは失った歯の本数に関係なく1本からでも適応でき、最近は歯を補う治療の中でもインプラントを希望する人が増えています。

インプラントのメリット

歯の治療では金属製のものが使用されることがありますが、金属アレルギーを引き起こす体質の人は使用することが難しいのが現状です。インプラントに使用される金属はチタン製のため、アレルギーを引き起こす可能性が低く、アレルギーの報告例もかなり少ないことがわかっています。

インプラントが選ばれる理由の一つとして、健康な歯に負担がかからないことが挙げられるでしょう。例えば、インプラント以外の歯を補う治療法の中には、器具を装着するために健康な歯を削らなければいけなかったり、健康な歯に負担がかかったり、徐々に健康な歯が消費されるケースがあります。インプラントはそのような必要がないため、健康な歯を守りながら治療を受けることができます。

他の治療法との違い

ブリッジ ブリッジ
治療法

失った歯の両隣にある歯を土台にする必要があり、上から人工歯を被せる治療法がブリッジです。

メリット
  • ・健康保険が適用できるケースがある
  • ・違和感が少なく、感覚が天然歯に近い
デメリット
  • ・健康な歯を削る
  • ・形態や材質により土台の歯が虫歯や歯周病になることがある
部分入れ歯 部分入れ歯
治療法

金属などのバネ(止め金)を失った歯の周囲に引っかけ固定する治療法が部分入れ歯です。

メリット
  • ・健康保険が適用されることで治療費が軽減される
  • ・適応範囲が広いため、多くのケースで治療が受けられる
デメリット
  • ・バネ(止め金)により健康な歯にかかる負担が大きい
  • ・金属性のバネが目立ってしまう
  • ・装着時の違和感を感じることがある
総入れ歯 総入れ歯
治療法

1本の歯も残っていない場合は総入れ歯となります。人口歯がプラスチックの土台に固定されており、それを歯茎に装着する治療法です。

メリット
  • ・健康保険が適用されることで治療費が軽減される
デメリット
  • ・歯茎の変化で定期的に作り替えが必要
  • ・装着時の違和感があり、話しにくいことがある
  • ・材質や形状により味覚に違和感を覚えることがある

インプラント治療の流れ

通常の歯の治療とは異なり、インプラントは外科手術を伴う治療となります。そのため、他の治療に比べて治療期間が長くなります。
ホワイトデンタルオフィス半蔵門では、インプラントの治療をより安全に進め成功させるために、治療に入る前の検査や準備をしっかり行います。

大切なご自身の歯ですので、患者様には納得していただいた上で治療を受けていただくことが大切です。治療の説明を十分に行いますので、初診の段階でインプラントの治療にとりかかることはありません。患者様に安心して治療を受けていただくためにも、当院では、次のような流れで治療を進めていきます。

1.初診・診察
カウンセリングを行いながら、まずは患者様の希望を聞かせてもらいます。
頭部・顎部のレントゲン撮影や口腔内写真の撮影を行い、歯肉・噛み合わせなどを確認させていただきます。
2.診断・説明
検査結果をふまえて、患者様の希望に沿った治療計画を相談しながら決めていきます。
3.術前治療
歯周病や虫歯があると、インプラント治療をスタートできません。歯周病や虫歯がある場合には、術前に治療を済ませます。口の中の衛生状態を良くし、噛み合わせの調整を行うための準備も行います。
4.インプラント手術
インプラントを埋入する手術を行います。入院の必要はありませんので、その日のうちに帰宅が可能です。手術時間は、麻酔をしてから15分程度で(1本埋入の場合)終了できるケースがほとんどです。インプラント手術については、こちらのページで詳しく紹介しています。
5.被せ物の
製作・装着
術後1週間程度で抜歯をして、仮歯が入ります。最終的な人工歯は、インプラントと骨が結合するのを待って、全体の噛み合わせを整えてから装着します。
6.メンテナンス
本物の人工歯が入ったからといって、治療が終わりというわけではありません。残っている歯の健康を維持しながら、インプラントを長く使っていくためには、ご自身の天然の歯と同じように定期的にメンテナンスを行う必要があるのです。
定期的に、口の中の衛生状態や噛み合わせ、歯槽骨の状態などを確認します。
インプラントの治療期間・通院回数
インプラント治療は、従来の治療方法に比べて治療期間が長くなってしまうという点が、欠点の一つでもあります。
歯周病や虫歯の有無、顎の骨の状態などによって治療にかかる期間は大きく違ってきますが、平均的に10回程度の通院で治療が終了するケースが多いです。

インプラント治療の注意点

インプラント治療は外科手術となりますが、以前に比べると体にかかる負担が軽減され、治療ができるようになりました。ですが、インプラントの治療は外科手術であることに変わりはありません。インプラント治療を安全に受けていただくために、ホワイトデンタルオフィス半蔵門では全身の健康状態をしっかりと確認させていただきます。糖尿病や高血圧症など、何かしらの基礎疾患を患われている患者様がいらっしゃる場合は、慎重に術前検査や術後の観察を行います。

インプラントの治療には保険を適用することができないため、治療費が高額になることが多いことも事実です。骨に人工歯根を埋め込むことになるため、治療期間が長くなることが多いです。また、人工歯根を埋め込む箇所に骨がない場合は治療ができないため、造骨手術や骨移植手術などが必要になることもあります。

インプラント治療後のメンテンナス

インプラントは人工歯根と人工歯が使用されるため、基本的には虫歯になることはありません。ただし、毎日のケアが不十分であったり、治療後にメンテナンスを全く受けなかったりすると、歯周病と同じような症状(インプラント周囲炎)になる可能性があります。
その症状が進行すると、歯周病と同じように、インプラントが抜けて落ちてしまったり、除去が必要になったりすることがあります。大切なインプラントを守るためにも、定期的にメンテナンスを受けることが大切です。